top

button

 


logo2022年11月スケジュール掲載コラム

 
logoバックナンバー

■2022年

 ▶12月

 ▶11月

 ▶︎10月

 ▶︎9月

 ▶︎8月

 ▶︎7月

 ▶︎6月

 ▶︎5月

 ▶4月

 ▶︎3月

 ▶︎2月

 ▶︎1月


■2021年

 ▶12月

 ▶11月

 ▶︎10月

 ▶︎9月

 ▶︎8月

 ▶︎7月

 ▶︎6月

 ▶︎5月

 ▶4月

 ▶︎3月

 ▶︎2月

 ▶︎1月


■2020年

 ▶︎12月︎

 ▶︎11月︎

 ▶︎10月

 ▶︎9月

 ▶︎8月

 ▶︎7月

 ▶︎6月

 ▶︎5月

 ▶4月

 ▶︎3月

 ▶︎2月

 ▶︎1月



【店長堀越のNO ALCOHOL,NO LIFE, 酒コラム】
------------------------------------------------------------------------------------------
 
みなさん食欲の秋に身を任せてちゃんと肥えました?

オレの10月はと言うと酒田、郡山、赤湯、宮古島、日光にて食欲と芸術を見事に爆発させたのでちゃんと肥え果てた

とどまる事を知らない劣化と老化も押し寄せて来てるのでそろそろボディーに鞭入れて身体を絞らないともう戻れないんじゃないかと戦々恐々としております。

老化に抗いつつ体力もしっかり付ける為にも週2~3でジム朝活を復活させて11月と12月は2023年良いスタートを切る為の助走期間にしようと思う今日この頃なんだけど体重計にすら乗らず現実逃避してる所からまず改善だね。

しかしやっぱりカロリーって美味い

カロリーとアルコールの誘惑、暴飲暴食は主に県外で巻き起こるのだけれど10月は特に序盤から飛ばして導火線の無い街、山形は酒田からスタート。

バンドのアー写撮影で行ったのだけど撮影後は熱烈歓迎の全力接待で片道3時間半の距離が帰りはグロッキー過ぎて8時間半かかる地獄道

郡山は後輩だけどカメラ師匠のミコトと安定かつ平和にカロリーを味わう飲み語り

翌日は赤湯のいつもの旅館でのんびり。

宮古島は毎度楽し過ぎだけど今回は酒三昧が過ぎて帰る日は生まれて初めて空港と宮古島→那覇の上空で吐いた(もちろんトイレで)

10月は2度ほど地獄を徘徊して来ました

地獄を何度見ても辞めれないお酒は年々弱くなってるので肝臓も鍛えれるジムあったら紹介して下さい。

11月も楽しくよろしくお願いいたします!


写真はドリプレ/酒田のアー写と宮古島と栃木の詰め合わせ

hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo
hori_photo

 
【STAFF コラム】
------------------------------------------------------------------------------------------
 
長町RIPPLEカウンターに立っております。長利和季(おさりかずき)と申します。

2022年も残すところあと2ヶ月、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

スタッフコラムということで、まだ気が早い気もしますが今年の振り返りとして2022年の個人的ビッグニュースを聞いてください。

数年前から始まった流行り病、この生活様式に周りも自分も段々と慣れ始めた頃、長利和季は体調を崩しました。

実はつい先日とてつもなく体を壊していたのですが、これは僕もついに流行り病に…?

びくびくしながら病院を受診し、一通りの検査など終えたあと判明したのは、流行り病ではまったくなく軽い食あたりでした。

次から手洗いうがい消毒だけでなく、夕食の残りを次の日に食べるときは細心の注意を払いたいと思います。

あ、あと来年2枚目のフルアルバムリリースが決まりました。

嬉しいね。

長利和季の2022年個人的ビッグニュース、自分の活動も体調も、益々活気づいていけるよう精進します。

皆さんも一人一人お身体に気をつけながら、楽しいライブライフを送ってくださいね。

それでは、またまた気が早い気もしますが来年の抱負を述べて締めたいと思います。

2023年の抱負は健康第一、食あたりしない一年になりますように。

またライブハウスでお会いしましょう。

長利和季でした。



■NAME: 長利 和季 / Kazuki Osari
■POSITION: カウンター

hori_photo

 
【BAND コラム】
------------------------------------------------------------------------------------------
 
仙台市内を拠点に鍵盤弾き語り兼シンガーとして活動しております、
朋揮(ともき)あやと申します。

この度、コラムを掲載させていただく事になりました。お声掛けいただき本当にありがとうございます!!


長町RIPPLEさんにも設置させていただいているフライヤーに記載している テーマ についてお話をしようかと思います。


最大コンプレックス声と共に生きる。


誰しもがもつコンプレックス
中々受け入れられない自分
口にする事すら困難に思う過去や経験
人の数の何倍もありふれてると思います。

こうだったらいいのになあ

理想のような願い


SNSが発達し顔が見えないからこそ言えること

世の中便利になればなるほど不便なことも増えると思ってます。
画面越しだからこそ開ける心と誹謗中傷
その時代に生きる自分たちは何を感じ続けるのだろう。



何年も経つ月日のなかでやりたいことはずっと変わらずにいます。

音楽がやりたい。

でも学生時代友達が多いわけでもなければ
意見も言えないそんな子でした。
音楽がやりたいだなんて話せたことがあっただろうか。

私のコンプレックス

それが
やりたいのに、伝えたいのに。
自分で認められない
声と歌。


カラオケですら歌えない子だったのに
採点で言ったら60点もいけば凄くラッキーぐらいだったのに

それでも今ライブハウスや路上で歌ってみよう。
と思える理由


何もかも認められなくても
自分を嫌うのも好きになれるのも自分しかいない
だからこそ
好きなことも届けたいこともやりたいことも
届け続けよう。


やりたい  "のに"
言えたらいい  "のに"

"のに"  が外れたのは紛れもなく出会ってくださった皆様の存在があったからです。

「あやたんの声が好き。」
「好きなことに全力なところが好き。」

沢山の出会いを経て生きる景色が変わりました。
苦手こそ個性と思えるようになりました。

本当に感謝しかありません。



心無き少女が沢山の人に出会い心を取り戻す物語


一緒に景色を色付けていきませんか


不器用でいい、
1歩踏み出したら半分進んでる。
そう誰かが言う。

それだけ最初が不安で大きいかもしれない

それでも誰かの、あなたの糧になれたら嬉しいです。
そして誰かのフィルターを通して
またそこから誰かの心に芽が出たらいいな。


最後に
応援しに行っていた場所に自分が伝える側として行きたい。
活動する中で感じていることです。

私が長町RIPPLEさんを知ったのは2017年
応援している方のライブを見に行った日。
あれから数年経ち、
様々な出会いが交差して
今、出演させていただいていること
こうやって思いも綴らせていただけていること


全てに感謝して


ありがとう!



■BAND:
■PART: Vo. / Pf.
■NAME: 朋揮あや / Aya Tomoki
hiroto  
       
       
         
 
logoLIVE STUDIO RIPPLE


〒982-0011
宮城県仙台市太白区長町一丁目2-12 チビッコスクエア B1F

TEL 022-246-8186
FAX 022-246-8172
MAIL contact@ripple.tv
 
logoMENU

■TOP ■SYSTEM
■SCHEDULE ■ACCESS
■COLUMN ■CONTACT
■BOOKING ■SHOP